ドラッグストア 薬剤師 転職

MENU

ドラッグストア薬剤師の転職の現状

 

ドラッグストア,薬剤師,転職

ドラッグストアというのは、なんと全国に1万店以上もあると言われています。さらに店舗は増える傾向にありますので、ますますドラッグストア薬剤師が活躍できる場所が増えていると言えるのです。

 

近年登録販売者制度が設けられたために、薬剤師の需要が下がるものだと思われていました。しかし薬剤師の販売許可が必要となる薬も存在していますし、昔から薬剤師の数は不足しており、それは今でも変わっていませんので、ドラッグストアで働きたいと考えている薬剤師の転職事情としては、ドラッグストアが増えている今はまさに有利と言えるのです。

 

またドラッグストアは、大手のチェーンが運営しているものが多いです。そこに就職することができれば、安定して働いていくことができるでしょう。

 

ドラッグストアにもよりますが、中には薬剤師に店長を任せているところもあります。店長として働く場合い、社員のシフト管理や店舗運営なども行いますから、マネジメント力が求められます。ですので、ドラックストア以外の場所で働く薬剤師と比べると、キャリアアップが望める環境であるとも言えるのです。

 

ちなみに、ドラッグストア薬剤師の平均年収は、初任給で30万円と言われていますし、大手のチェーンでは福利厚生も充実しているんですよ。

 

また、ドラッグストアでの業務を経験した薬剤師の中には、独立開業を目指す人も少なからずいるようです。薬剤師として専門的な仕事がしたいという人にとって、ドラッグストア経営は不向きでしょうが、幅広い仕事をしたいという人には最適なのでしょう。